包茎手術を成功させるためには、クリニック選びがかなり重要になります。クリニック選びで包茎手術が成功するか失敗するかがほぼ決まると言っても過言ではありません。そこでどのような点に重要視してクリニック選びをするべきなのかを見ていきたいと思います。

主なポイントはどれぐらい料金が必要なのか、悪い評判や口コミが多くないか、どのような方法で包茎手術を行うのかなどです。術前のカウンセリングや術後のケアについての情報も調べておくとよいでしょう。ちなみに包茎手術は健康保険が適用されないことも多いので、料金についての情報は必ず調べておきましょう。

まずは包茎の種類について知る

包茎手術の料金は、どのような手術を行うのかで大きく変わります。そのため、自分は何の種類の包茎なのかを知っておく必要があるのです。大きく分けると3種類あるのですが、最も一般的なのが仮性包茎です。普段は皮を被っているけれど、勃起してくると徐々に皮がむけてくる状態や、自分で簡単に皮をむける状態を指します。

仮性包茎は健康保険が適用されないため、自費診療になってしまいます。2つ目は真性包茎と言って、完全に皮が被って自分でもむけない状態のことです。真性包茎は健康保険が適用されることが多いので、安心して手術をすることができるでしょう。

最後の1つがカントン包茎という種類です。皮が亀頭を締め付けている状態なので、痛みもありますし血流障害などが発生する可能性もあります。そのため、健康保険を使った治療が可能になっているのです。

真性包茎とカントン包茎は痛みが発生する可能性もありますし、放置すると危険が伴うことから健康保険が使用できるのですが、仮性包茎は清潔にしていれば見た目が悪いだけで、健康被害が出るケースはそこまで多くはありません。しかし、不潔になりやすい状態であることには変わりないので、包茎手術を受けておくべきでしょう。

包茎手術に必要となる料金の内訳

包茎手術で必要となる料金は、まずカウンセリング代です。どこのクリニックでも必ず最初にカウンセリングを行い、現在の状態や包茎手術を行う流れ、どれぐらいの費用が必要になるのかなどの説明をします。こちらから聞いておきたいことがあれば、遠慮なく質問をしましょう。そして当然ですが手術代も必要になります。これは手術の方法によっても異なりますし、どこのクリニックを選ぶのかによっても変わってくるのです。

環状切開法という手術が比較的安い料金で受けられます。手術をする場合には麻酔を行いますし、終了後には薬も処方されるので、薬代も忘れてはいけません。通常は痛み止めと化膿止めを処方されますが、手術後の状態によっては別の薬も一緒に出されることがあります。中にはオプションが付けられるクリニックもあるので、どのようなオプションがあるのか、どれぐらい料金が必要になるのかも確認しておきましょう。

包茎手術の内訳はこれぐらいなのですが、全体の料金だけを見るのではなく、内訳の確認も重要な判断基準となります。大半のクリニックはきちんと内訳で料金を提示していますが、合計料金しか教えてくれない場合には、きちんと内訳も聞いておくべきです。

料金を知るなら健康保険についても知るべき

包茎手術で料金が大きく異なるのは、健康保険が適用されるかされないかです。健康保険の仕組みは少々難しいので、事前の確認が必須となります。例えば包茎手術をしないと血流障害や排尿のたびに痛みが出るカントン包茎の場合、手術をしないと日常生活に支障が出るので、健康保険が適用されます。

ただし、カントン包茎の手術を行ったときに、きれいな状態にしてほしいと要望すると、健康保険が適用されないケースもあります。一部分だけは健康保険が適用になるけれど、他の部分は健康保険が利かないこともあるのです。さらにどこの診療科で包茎手術を行うのかによっても、健康保険が使えるかどうかが変わる場合もあります。

一般的に包茎手術は泌尿器科や美容外科で行いますが、泌尿器科は男性器の病気を治すことを目的としています。それに対して美容外科は、見た目をよくすることを目的としているので、泌尿器科では健康保険が適用されるけれど、美容外科では適用されない場合もあるのです。どちらを選ぶかは目的別に決めるのがよいでしょう。真性包茎やカントン包茎なら泌尿器科がおすすめです。仮性包茎の場合には見た目にこだわる人が多いでしょうから、美容外科をおすすめします。

まとめ

包茎手術を行うときの料金は、手術の方法や診療科、健康保険の適用などによって大きく変わってきます。だからこそ事前に内訳を確認し、どれぐらいの料金が必要になるのか知っておくことが重要なのです。もちろん料金だけで選ぶのはよくありませんが、相場よりもかなり高い治療費を請求されることもあります。まずは包茎手術で必要な料金の内訳を知っておくとともに、相場はどれぐらいなのかを調べておきましょう。後は悪い評判や口コミがないか調べておくことも大切ですし、術後のアフターケアやカウンセリングの内容などでも判断することができます。